本文へスキップ

京橋公証役場(公証人役場)【東京駅すぐ】

TEL. 03-3271-4677

〒104-0031 東京都中央区京橋1-1-10 西勘本店ビル6階

京橋公証役場(公証人役場)では定款(電子定款)の認証は即日認証、私文書の認証も原則即日認証

京橋公証役場のトピックス京橋公証役場のニュース公証人・公証役場

京橋公証役場【東京駅すぐ】ホームページへようこそ

京橋公証役場は、正確、丁寧かつ迅速な公証サービスを皆様に提供いたします。
当公証役場では、常時、遺言、金銭・ 不動産・動産の貸借、離婚、任意後見その他各種公正証書の作成、定款の認証等の無料相談(土曜・日曜・祝日 を除く)を受け付けております。

TOPICS

  • 【平成27年10/1(土)〜7(金)「公証週間」の実施】new
     日本公証人連合会では、公証週間中の無料電話相談(03-3502-8239 受付時間は、9:30〜12:00 13:00〜16:30)を土曜・日曜日を含め実施しています。
     当公証役場でも、公証週間中、遺言、金銭・不動産・動産の貸借、離婚等各種公正証書の作成、定款の認証等の無料相談を土曜・日曜日を除き実施いたします。
  • 【平成27年1月1日以降、相続税の基礎控除の引き下げ実施】
    [改正前]5000万円+(1000万円×法定相続人の数)→ [改正後]3000万円+(600万円×法定相続人の数)
     詳しくは、東京国税局ホームページの「相続関連情報」をご覧ください。
  • 【電子定款のPDFファイル名の文字種の緩和】
     これまで電子文書(PDF)のファイル名に使用できる文字種は、これまで記号を除く半角英数字(31文字以内)のみとしてきましたが、平成25年6月1日からこれに加えて、全角の英数字、全角のカナ、漢字等が使えるようになりました。
  • 【平成26年4月1日から、遺言公正証書の二重保存のシステムがスタート】
     平成26年4月1日から、全国の公証役場で、遺言公正証書の二重保存のシステムがスタートいたしました。この二重保存とは、東日本大震災のような大災害などによって公証役場で保存する公正証書原本が失われた場合に備えるため、個別で各公証役場が公正証書原本を保存する以外で、日本公証人連合会が公正証書原本を電子データ化して保存するシステムです。
     これにより、万一、大災害で遺言公正証書の原本・正本・謄本が失われても、公証人が電子データをプリントアウトして情報の同一性の証明文書を付して、相続人等に交付することができるようになりました。

NEWS新着情報

2015年3月4日
強制執行のための送達と執行文付与のページを掲載しました。
2015年2月4日
法定相続分と遺留分のページ遺言の基礎知識のページを掲載しました。
2015年1月6日
遺言のページ及び電子定款のページを更新いたしました。
2014年10月28日
スマートフォン用のページを掲載しました。
2014年10月24日
京橋公証役場【東京駅すぐ】のホームページをリニューアルしました。
不動産の賃貸借に関する公正証書のページ金銭の貸し借り・債務弁済に関するページも掲載しました。
2012年8月15日
事実実験公正証書のページを掲載しました。
2011年11月11日
国内向け私文書の認証のページを掲載しました。
2011年1月14日
尊厳死宣言公正証書のページを掲載しました。
2010年1月22日
確定日付の付与のページを掲載しました。
2009年1月12日
京橋公証役場のホームページを開設しました。

公証人・公証役場(公証人役場)とは

 「公証人」とは、原則として30年以上の実務経験を有する裁判官や検察官などの 法律実務家の中から、法務大臣によって任命される公務員です。
 「公証役場」とは、公証人が執務する事務所のことです。公証人法は「役場」という 用語があるだけなので、全国の役場では、「公証役場」、「公証人役場」、「公証人合同役場」、「公証センター」などの名称がありますが、合同役場制をとっている東京公証人会では、内規で、役場のすべてに地名を冠し、「**公証役場」と称することとしています。 そのため、当役場も京橋公証役場と称しています。

バナペース

京橋公証役場

〒104-0031
東京都中央区京橋1-1-10 西勘本店ビル6階

TEL 03-3271-4677
FAX 03-3271-3606
E-mail : kyobashi@koshonin.gr.jp

スマートフォン版